部屋の隅

↑サン・マルコ広場の鐘楼より。あぁ、イタリアへ行きたい…(内容はイタリアと関係なし)。
<< えっ! | TOP | 危うし? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
表現の分かれ路
朝起きて、映画でも行こうかと思い、映画館へ。
今日からふたりの5つの分かれ路が上映開始。

この映画、何より印象的だったのが話の進み方。こんな感じ。

 仝什漾蔑ズА最後の夫婦生活)
 結婚生活
 出産
 し觝Ъ
 ソ于颪

少しづつ過去へと遡る形。◆銑イ妨什澆両況を決定づける事柄が描かれている。つまりそれが分かれ路。
普通なら現在へと至る過程は過去のある時点から時系列的に表現されるけれども、この映画では二人が出会い、これから関係が始まるというその瞬間を描いた瞬間に映画は終わり。終わりらしくない終わりなだけに、終わりなのか分からなかったけれども、頭に残る映画には違いない。

表現の仕方次第で与える印象は全然違うんだろうな。


17:43 | 映画 | comments(4) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
17:43 | - | - | -
コメント
わ〜偶然ですな!その映画、ちょっとネットで調べて行こうかなと思ってた作品です。クレールで探してたらあったんだけどね(^_^;)
2005/10/16 8:00 AM by やた
結構前にこれ観たけど、オゾンって感じの作品やった。あれ気にならん?過去から撮っていったんか、現在からとっていったんか。つまり太ることを頑張ったのか、痩せることを頑張ったのか。気になるわぁ、同じ女として。あの女優さんは、フランスでとーっても人気のある歌手、カーラ・ブルーニの実姉で、その妹であるカーラ・ブルーニは元スーパーモデル。終わりらしくない終わりは、何作品か前の『まぼろし』っていうのにめっちゃ似てるねんよ。オゾンの作品に興味があるなら『焼け石に水』っていうのがお薦めかなぁ。10月15日から新しい作品が公開になって楽しい日々です。既に授業で公開前にゴダール最新作『アワーミュージック(原題notre musique ノートルミュジック)』は観せてもらたけど、やっぱり大きなスクリーンで観たい。ゴダールについては賛否両論あるけど、あたしはやっぱ天才やと思う。ホンマに好きな監督やわ。あと、カナダで映画の評論の仕事をしてる親戚から1年くらい前に、日本で公開されたら是非観て欲しい作品、ってことで教えてもらった作品がついに日本上陸!(まだ観ていないので感想は言われへん)『そして、一粒のひかり』、邦題は酷いね。良い作品の匂いがせーへんわ。なんやかんや言うても観るやろうけど。最近私の中のベスト10に入るくらい泣いた作品にであってん。『哀愁』っていう作品やねんけど、観たことあるかな?知人に「必ず泣ける作り方になってる」って言われて、その通りやった。これ泣かん人は鬼以外の何ものでもない、って思うくらい。ビビアン・リーがきれいでね。近々『亀も空を飛ぶ』っていう作品を観に行ってきまぁす。これは人と行ってはいけない、と知人から注意されましたので独りで行きます。 あ、名前変えてみました。誰か分かってもらいるかなぁ。
2005/10/17 7:15 PM by コバンザメ
なんかその話みたことあるきがする!
きのせい!?
まんがとかでみたのかなぁ。
すっごい興味あるわぁ!!!
2005/10/18 10:22 AM by aiko
>やたさん
う〜ん、偶然。波長が合うんですよ。クレールいいですよね。行けばきっと予告で見たいものが見つかる可能性もありです。クレールかー、なんか懐かしくてしんみり。

>コバンザメ
フランスネタにこれだけ詳しくて、さらにかすかに見られる関西弁、とくれば誰かは分かるで。
今作は何て言ったらいいんやろ、とにかく自分の中にものすごくしみこんでくるねんなぁ。内容的には特別な内容ではないけど。それをうまく言葉で言い表せないのが悔しい。それとは別に、彼女が太ることを頑張ったのか、痩せることを頑張ったのかがすごく知りたい。考えもせんかったは、そんなこと。
それにしても、詳しすぎるで、いろいろと。読みごたえがある。手帳には紹介してくれた作品をメモしたので、上映情報を調べてみることにする。
恥ずかしながら、最近映画館で本作の前に今後の上映予告とかあるやんか、あれみて泣きそうになるねん。年とともに涙もろくなるっての、分からんではないわ。

>aiko
みんなどこからそんなレアな情報を仕入れるんだい??漫画まであるん?もんのすごい気になるって。
いろいろつながるもんやねー、おもろい。
2005/10/18 11:26 PM by もりお
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://morio45.jugem.jp/trackback/51
トラックバック
2005/11/29 4:33 PM
『まぼろし』、『8人の女たち』、『スイミング・プール』の フランソワ・オゾン監督が描いた、 ある夫婦の〔愛のカタチ〕。 物語は、淡々とした離婚調停の場面から始まり、 夫の兄を招いたディナーの席での出来事、 出産、結婚式の日、そして出会いへと過去をさ
映画とはずがたり
2007/05/11 3:01 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-