部屋の隅

↑サン・マルコ広場の鐘楼より。あぁ、イタリアへ行きたい…(内容はイタリアと関係なし)。
<< 出たっ | TOP | 明日こそは >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
有頂天一変
今日は土曜日。
朝起きて、仕事を片付けに行こうかと一瞬思ったものの、それは一瞬。
休みは大切にしなくちゃ。

今日から「有頂天ホテル」が公開しているので、映画館へ行きました。
しかし、初日ということで人が大勢。券も完売でした。いやぁ、甘かったです。また後日にしましょう。

せっかく街まで出たきたので、いつも行く映画館に向かい
「天空の草原のナンサ」を観ました。
映画館でのーんびりくつろぎたかったんですね。ほんと心地よいですから。

映画の内容は、モンゴルの遊牧民の家族の生活を描いたものです。
ドキュメンタリーのような感じです。
印象に残ったのが、次のような場面です。ナンサ(6歳)がある日草原で子犬を見つけ、家に連れて帰ります。しかし、父親はその犬がいるとオオカミを呼んでしまうと言って許しません。しかしナンサも引き下がらない。そんなナンサにある日母親が言います。「ナンサ、手のひらを噛んでみなさい」と。手のひらを噛もうとするナンサ。しかしどうしてもうまく噛めません(みなさんもお試しあれ)。そこで母親、「この世界には思い通りにいかないことがあるのよ」と一言。
実感できる事を通して子どもを説き伏せる。あぁ、親と子の関係がしっかりあるなぁと思いました。

この映画、初めにも書いたとおりドキュメンタリーの要素が強く、あくまで一部ではありますが、モンゴルの遊牧民の生活が見えます。さらに、家族の絆の一つの形も描かれているので、なかなか満足できる作品です。

出てくる子ども(3人だけですけど)の可愛らしさだけでも必見かもしれません。
22:58 | 映画 | comments(5) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
22:58 | - | - | -
コメント
息抜きは大切ですもんね☆
「天空の草原のナンサ」良さそうな映画ですね、覚えておきます!
有頂天観たら、どこで一番笑ったか、ぜひ教えてくださいね。
もりおさんの笑いのツボが気になります(笑)
2006/01/22 1:39 PM by 朋ち
有頂天ホテル、面白かったですよ☆″素直に笑える感じの映画でした(^^)ALWAYSもあったかい映画ですよね♪好きな感じです。最近、映画を観たい気分です。また良いのがあったら紹介してください(=^∇^=)
2006/01/22 8:47 PM by トム
>朋ち
有頂天、そんなに笑えるんやなぁ。たまには思い切り笑いたいもんやね。普段の笑いって、「ふふふ」ってくらいで、「がっはっは」ってほどじゃないもんね。笑うかどには福来たるですからな。

>トムさん
トムさんも観たんですかいっ!みんなの行動力、すごいね。真似しないと。映画館て開放的な雰囲気だから、同じ映画でも家で観るより素直に反応できるんじゃないかなぁと思うんです。積極的に映画館に行きましょう。
心地よい気分になれそうやね、有頂天は。
2006/01/22 9:30 PM by もりお
今日有頂天ホテルみて来ました☆すごく人多くて・・ビックリしました。私この映画おもしろいよ〜って言われて行って、観てもへ〜・・ってしらけることよくあってがっかり・・とかなるんですが、なんか有頂天は良かったです!普通に笑えました!!おもしろかったですが、私はそれ以上にこんなとこに笑いをいれてるんだ〜、こんな笑いがあるのね〜と三谷サン頭いいなぁ〜って関心してしまいました笑 なんかいい感じです☆ぜひ!
2006/02/06 12:14 AM by 咲
>咲さん
やっぱりどこも人多いのかな。行く人皆良かったって言うから、間違いないんやろね。そう、声を出して笑える映画ってあまり観たことがないからそういった点に期待してるんだけど、少し人の勢いが落ち着くのを待って観にいきます。
咲さんは人が笑わない点で笑ってそうですね。

さてさて、しらけた映画も大いに気になるところです。
2006/02/07 9:49 PM by もりお
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://morio45.jugem.jp/trackback/104
トラックバック
2006/01/21 11:33 PM
●『THE 有頂天ホテル』2006年1月14日公開。『笑いの大学』(脚本)から約1年ちょい。三谷幸喜待望の新作。今度はどう笑わせてくれるのか楽しみ。『赤影』のポスター見て一目ぼれした麻生久美子も出てます。オダギリジョーも!脇役も豪華です。 (鑑
映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ