部屋の隅

↑サン・マルコ広場の鐘楼より。あぁ、イタリアへ行きたい…(内容はイタリアと関係なし)。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
18.6.17(日) 0:05
「大勢の命を奪ったんだろう!
 36人の子どもの目に化学薬品を注入し、大半を失明させた。
 44年の夏に153人の頭を銃で吹き飛ばして殺した。解剖が目的だ。
 3組いた3つ子の1組を生きたまま解剖した。
 背が低いという理由で、子どもを1000人殺した。」

意を決する一方、それが父の犯した行為であるとは信じたくない、複雑という言葉では片付けられない心境で、父に向かって叫ぶ息子。

父は自信に満ちた瞳で、全く臆することなく答える。
「私は誰一人として殺してはいない。」と。
「弱者は淘汰される。それが自然の定めだ。我が民族の優越性の維持のため には当然の行いであったのだ。」とその行為について自責の念すら覚えていない。

アウシュビッツ収容所で収容者の生存権を支配し、「死の天使」として恐れられた医師、ヨゼフ・メンゲレ。その男と息子との対面を中心に描いた実話に基づく映画、「MY FATHER」を観た。

父が×××だったらという仮定は容易であるけれど、その仮定の下で自分は何を考え、どう行動するかを考えるのは難しい。実感が伴わず、言葉を並べただけになってしまうだろう。同じ行為を他人が犯したときに自分が思う規準を同様に当てはめることは本当にできるのだろうか?少なくともボクはできないだろう。

ヨゼフ・メンゲレは戦後南米へと逃走し、結局捕まることなく死を迎えた。
映画の中で、息子は逃亡中の父と対面するのだが、その居場所を警察に告発すべきか悩んだ末、踏み切ることができなかった。

その答えは「息子だから。」というもの。

憎悪と同時に生じる愛情のつながり。親子の関係は理屈を超えたところの特別なものであるのだということを感ぜずにはいられなかった。



00:05 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
今日もふらり
「君、暇だねぇ。せっかくの休暇、少しは計画的に過ごしたまえ。」
と、紳士に諭されそうなこの土日。

今日もふら〜っと家を出ては映画館へ。
もうすぐオリンピックですからね。「スキージャンプ・ペア」を観に。
スキージャンプペアという架空の競技がオリンピックで正式採用にされるに至るまでのドキュメント風映画。監督の言葉通りほんとバカバカしい内容。だけど気になって観にいってしまうんですねー。ま、観終わってからはわざわざ映画館でお金払ってみるほどじゃないかなと思いました。

その後、三宮高架下や元町をゆっくりと散歩。
靴やパンツなど欲しくなるものがいくつかありましたが、給料日まで我慢。
独身族といえども締めるとこは締めないと。

来週はちょいとばかり忙しくなりそうなので、結果的にはいい土日でした。
と、自分に言い聞かせる。
22:50 | 映画 | - | -
有頂天一変
今日は土曜日。
朝起きて、仕事を片付けに行こうかと一瞬思ったものの、それは一瞬。
休みは大切にしなくちゃ。

今日から「有頂天ホテル」が公開しているので、映画館へ行きました。
しかし、初日ということで人が大勢。券も完売でした。いやぁ、甘かったです。また後日にしましょう。

せっかく街まで出たきたので、いつも行く映画館に向かい
「天空の草原のナンサ」を観ました。
映画館でのーんびりくつろぎたかったんですね。ほんと心地よいですから。

映画の内容は、モンゴルの遊牧民の家族の生活を描いたものです。
ドキュメンタリーのような感じです。
印象に残ったのが、次のような場面です。ナンサ(6歳)がある日草原で子犬を見つけ、家に連れて帰ります。しかし、父親はその犬がいるとオオカミを呼んでしまうと言って許しません。しかしナンサも引き下がらない。そんなナンサにある日母親が言います。「ナンサ、手のひらを噛んでみなさい」と。手のひらを噛もうとするナンサ。しかしどうしてもうまく噛めません(みなさんもお試しあれ)。そこで母親、「この世界には思い通りにいかないことがあるのよ」と一言。
実感できる事を通して子どもを説き伏せる。あぁ、親と子の関係がしっかりあるなぁと思いました。

この映画、初めにも書いたとおりドキュメンタリーの要素が強く、あくまで一部ではありますが、モンゴルの遊牧民の生活が見えます。さらに、家族の絆の一つの形も描かれているので、なかなか満足できる作品です。

出てくる子ども(3人だけですけど)の可愛らしさだけでも必見かもしれません。
22:58 | 映画 | comments(5) | trackbacks(1)
今年は愛ですね
ALL YOU NEED IS LOVE。愛こそすべて・2006。
と、あまりこの文脈とは関係ないですが、映画に行ってきました。

「愛より強い旅」
「スパニッシュ・アパートメント」に続き、ロマン・デュリスは日常を離れます。そして、それに魅せられます。「パリには何もない」と言ってそこを離れるフランス人がいれば、「パリにはすべてがある」と言って、そこを目指すアルジェリア人がいる。そんな点について考えるとなかなか興味深いわけですが、それよりもこの映画を見て思ったのは、生きている間にいろいろな所を目にしたいということ。その決断、行動を自分が下せるのかということです。

「学者か旅人になりなさい」という恩師の言葉が頭をよぎりました。




22:43 | 映画 | comments(3) | trackbacks(1)
表現の分かれ路
朝起きて、映画でも行こうかと思い、映画館へ。
今日からふたりの5つの分かれ路が上映開始。

この映画、何より印象的だったのが話の進み方。こんな感じ。

 仝什漾蔑ズА最後の夫婦生活)
 結婚生活
 出産
 し觝Ъ
 ソ于颪

少しづつ過去へと遡る形。◆銑イ妨什澆両況を決定づける事柄が描かれている。つまりそれが分かれ路。
普通なら現在へと至る過程は過去のある時点から時系列的に表現されるけれども、この映画では二人が出会い、これから関係が始まるというその瞬間を描いた瞬間に映画は終わり。終わりらしくない終わりなだけに、終わりなのか分からなかったけれども、頭に残る映画には違いない。

表現の仕方次第で与える印象は全然違うんだろうな。


17:43 | 映画 | comments(4) | trackbacks(2)
コメディー哲学
夕方までかかると思っていた用事が昼過ぎで終了。
外に出たついで、今日からハッカビーズが公開だったことを思い出し映画館へ。初日なのに人少ないけど、人でごった返すよりも空いてるほうがのんびりできるから、まぁよし。女性客多し、なおよしっ!

日常生活の一部でもあるスーパーマーケットが舞台。そこで見られる様々な人間たちの関係をユーモラスに描いた映画。と思ってた。「スーパーの女」に近い感じの映画かなと。
確かにそんな感じだったけど、その人間たちの関係の描き方が独特でした。
主な登場人物は実存主意的な悩みを抱え、哲学探偵社に自己の探偵を依頼し、宇宙の真理を……。と、こう言うと危ない映画にも思われそうだけども、その辺をコメディータッチに描きながらも、「あぁ、なるほど」と思うような鋭さもある。全体的に軽いトーンだけど、噛みしめて味わえる好きなタイプの映画でした。なんかよく分かんないね。

「つながりを育むためには悩みがつきまとう。」
そんなセリフで晴れやかに迎えたエンディングでした。

11:08 | 映画 | comments(4) | trackbacks(0)
世界警察?
世界平和についてちょっと前に書きましたけど、世界の平和を守るのは彼らだっ!!ってなわけで、<チームアメリカ☆ワールドポリスを見に。
いつもの映画館ではレイトショーだけの公開なので、梅田まで行ったんですけど、はぁ、人ごみはいつまで経っても好きにゃなれないなぁ。

この映画、人形劇なんだけども、それでも刺激の強い内容です。実写版なら不可能な中身。そういうの好きだからいいんだけど。でも、国によっては公開差止め要請がなされるのも納得できるなぁ。
で、単に刺激があるだけで終わってしまうのではなくて、考えることを喚起されるわけでもあります。
力の存在を前提にした平和はちょっとつつけば崩れてしまう。
かといって…。

う〜ん、難しい。
00:25 | 映画 | comments(2) | trackbacks(0)
フーテン
8月6日からBS−2で、寅さん全48作放映が始まりました。
気がつけば寅さんを見るようになっていて、気がつけば柴又に何度か足を運ぶようになっていて、気がつけば一番好きで大切な映画になっていたわけで。

昨年の就職活動の面接のときにも寅さんの話をすることがありました。
「どういうところが好きなの?」
と、訊かれ
「物が満ち溢れていなくても、人と人の距離の豊かさがあるところです」
と、答えたように覚えてます。

見ていて「ホッ」とした気持ちになれる映画のひとつです。
今と昔、ほんとにどっちが豊かなんでしょうか。
今の部分もあれば昔の部分もあるってことですかね。
12:17 | 映画 | comments(2) | trackbacks(0)